オンラインカジノのバカラのルール、遊び方

バカラは、「バンカー」と「プレイヤー」の2人の仮想プレイヤーが、どちらが勝つかを当てるカードゲームです。

この記事では、オンラインカジノのバカラのルール、遊び方を解説していきます。これからバカラで遊ぼうと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

①バカラの概要がわかる
②バカラのルールや遊び方がわかる
③バカラで勝つコツがわかる

バカラとは?

バカラは、「バンカー」と「プレイヤー」の2人の仮想プレイヤーが、どちらが勝つかを当てるカードゲームです。

ディーラーがカードを配って開くので、チップを賭けるだけのシンプルなゲームですが、アジアを中心に絶大な人気を誇っています。

大まかに言えば、勝てば賞金が2倍になり、1回のゲームが数十秒で終わるので、ハイローラー(大金を動かすVIP)に愛されています。

チップを賭けるだけなのでシンプルですね!

バカラのルールや遊び方

バカラでは、プレイヤーとバンカー、どちらが勝つかを予想するのが基本的なゲームです。この場合の「プレイヤー」とは、自分自身ではありません。ブラックジャックのように自分とディーラーとの一対一のゲームではなく、第三者の目線でプレイヤーとバンカーに賭けるゲームです。そのため、バンカーはマスター、プレイヤーはカスタマーと呼ばれることもあります。

バカラは、配られたカードの数字の合計のうち、9に近い方の数字で勝敗が決まります。バカラでは、カードの合計ではなく、配られたカードの下一桁の数字で勝敗が決まります。

バカラでは、少なくとも2枚のカードがバンカーとプレイヤーに配られます。4枚目のカードは配られません。合計値が9に最も近い方が勝者となります。

複雑なルールや仕組みがないので、初心者でも遊びやすいですよ!

バカラのコツ

バカラには、連勝した時に利益を増やせる「パーレー法(リバース・マーチンゲール法)」があります。これを活用すると、勝つごとに利益を大きくしていくことができます。また、慎重に稼ぐための「グッドマン法」という方法もあります。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

パーレイ法(リバース・マーチンゲール法)とは?

パーレイ法(リバース・マーチンゲール法)とは、勝つごとに掛け金を上乗せして、連勝による利益を大きくしていく方法です。短期的に大きく稼ぐのに向いています。

パーレイ法(リバース・マーチンゲール法)のメリット

  • 5連勝すれば31ドルの利益になる (最初の掛け金1ドルとして想定)
  • 連続して勝てば勝つほど利益が大きくなります。
  • 短期間で稼ぐことができます。 

パーレイ法(リバース・マーチンゲール法)のデメリット 

一度でも負けてしまうと、利益がマイナスになってしまいます。そこで、パーレイ法を使う際に注意すべき点がいくつかあります。

パーレイ法(リバース・マーチンゲール法)でしっかり利益を出すには?

  • 目標金額(利益額)を決める 
  • 引き抜きたい連勝数を決める 
  • 目標金額と連勝数を達成したら辞めましょう。

上記でも述べましたが、パーレイ法は一度負けてしまうと利益が出ません。そのため、ある程度の金額を目標金額に設定して、負ける前に勝つことをお勧めします。

慎重に稼ぎたいなら「グッドマン法」がオススメ

グッドマン法(1235法)では、賭け金は「1」からスタートし、ゲームに勝つたびに「1、2、3、5」の順に賭け金を増やしていきます。「5」以降は、勝っても賭け金を増やさず、「5」を賭け続けます。どの賭け金でも負けたら、賭け金を「1」に戻して、それを繰り返します。

グッドマン法のメリット 

  • 大きな損失につながる可能性が低い 
  • 最初のうちはたくさん勝てば、大負けしても簡単に利益を出すことができます。
  • 賭け金が急激に増えることはありません。

グッドマン法のデメリット 

  • 大きく勝たないと利益が出ない。
  • 大きな利益を出すのが難しい 
  • 損失が増えると回収が困難 

パーレイ法のように一気に利益を出すのは難しいので、リスクなく着実にお金を増やしていきたい方に向いています。

グッドマン法で利益を増やすには?

  • 賭け金を2倍、4倍、6倍、10倍にする。
  • 負ける目標金額を設定する 
  • 利益目標額を設定し、それに到達したら切り上げる。

まとめ

ここまで、オンラインカジノのバカラのルール、遊び方を解説してきました。

チップを賭けるだけのシンプルなゲームなので、カジノ初心者でも遊びやすいです。ぜひ、この記事を参考に、チャレンジしてみてください。